NTTデータ(山下徹社長)は、オープンソース統合運用管理ソフトウェアの新バージョン「Hinemos(ヒネモス)Ver.3」を10月31日に公開した。

 「Hinemos」は、05年からオープンソースソフトウェア(OSS)として公開している統合運用管理ソフトウェア。世界で唯一、システム監視とジョブ管理を備えており、既存のOSSでは不十分なエンタープライズ環境で求められるシステム監視やジョブ運用などの一元的なオペレーションを実現する。新バージョンでは、大規模なシステム環境に柔軟に対応するため、複数のHinemosを連携する機能や、今後利用機会の増加が見込まれるIPv6への対応を追加。IPv6単独環境のほか、IPv4/IPv6混在環境での監視が可能になる。

 また、これまでの適用領域の拡大を目的とし、新バージョン向けのオプションプロダクトを提供する。ミッションクリティカルシステムの運用に必須となる可用性を向上する機能や、サーバー集約・リソースの有効利用の技術として注目されている仮想化環境の運用への対応など、より高度な運用要件が求められる業務システムへの適用を可能とするオプションプロダクトを予定している。