大塚商会(大塚裕司社長)は、次世代ITサービス提供拠点として「たよれーるマネジメントサービスセンター」を東京都千代田区に開設し、サービス&サポート事業の強化を図る。

 同センターは、東京・秋葉原にある同社のiDC第4センターの堅牢な設備、セキュリティ体制基盤を利用し、経験豊富な高度技術者として約150名の体制を揃えた。24時間365日の企業システム監視、リモート保守、オンサイト障害対応に加え、コールセンター機能を提供する。

 また、同センターではITサービスマネジメント国際規格(ISO/IEC 20000-1)や、情報セキュリティマネジメント国際規格(ISO/IEC27001)を取得しており、堅牢な情報セキュリティ管理と安定したサービス品質管理で、ユーザー企業に安心して利用できるサービスを提供できる基盤が整っている。

 同社では、「ITでオフィスを元気にする」をテーマに、ユーザー企業が頭を悩ます課題をワンストップで解決し、さまざまな業務の負荷軽減やコスト削減、生産性向上を実現するサービス&サポートを今後も強化していく。