富士通システムソリューションズ(Fsol、秦聖五社長)は2月3日、さまざまな生産形態に対応可能な生産管理ソリューション「WebSERVE smart ハイブリッド生産」の提供を開始したと発表した。

 同ソリューションは、これまで適用が困難だった「個別受注生産や見込生産などの生産形態が複合的に混在する製造業」に対応しており、同製造業のIT投資効果を最大化させる。モジュール化の設計に加えて製品の多様性を保ちながら、納期短縮や在庫削減を同時に実現した。また、簡易導入を支援する体験型「導入ナビゲーター」により、短期間で安価に生産管理システムを導入し、早期の効果を発揮できる。

 価格は、ハードウェアとソフトウェア、標準サポートのトータルで税別1500万円に設定している。同社では、提供開始後3年間で500セットの販売を目指す。