NTTデータ(山下徹社長)は、信用金庫の渉外支援業務を効率・省力化する「モバイル通帳プリンタ」を発売した。

 信用金庫の渉外担当者が顧客に集金訪問した際、通帳を営業店に持ち帰ることなくその場で記帳が行える小型・軽量の通帳記入専用プリンタ。通帳記入・入金処理などをオンラインで処理し、訪問先で記帳処理できる。信用金庫の渉外担当者は、通帳を預かること(預かり管理業務)による通帳の紛失リスクを撲滅できると同時に、帰店後の事務負担を軽減できる。

 NTTデータでは、「モバイル通帳プリンタ」を用いた勘定系ホストサーバーから通信ネットワーク、プリンタまでの一連の処理方式やアプリケーションなどをまとめた仕組みについて、特許を出願(特願2008-085145号)している。