ブイキューブ(間下直晃社長)は、新型インフルエンザのパンデミック・リスク下で、ビジュアルコミュニケーションプラットフォーム「nice to meet you」の有効活用を促進する「BCP応援Web会議パック」の提供を開始した。

 「nice to meet you」は、離れた場所同士で、映像・音声・資料を利用したビジュアルコミュニケーションを実現するASPサービス。インターネット上で「距離と時間の壁」を超えシームレスなコミュニケーションを実現するため、対人距離を保持しながら、通常業務で不可欠な打ち合せや商談などの密なコミュニケーションを遂行することができる。

 今回、同サービスが新型インフルエンザのパンデミック・リスク(世界的流行)下でのBCP(business continuity plan:事業継続計画)に有効と考え、より活用しやすい「BCP応援Web会議パック」として提供する。「BCP応援Web会議パック」では、「nice to meet you」のミーティング、セミナー、セールス&サポート、ビデオ、CMSの各サービスについて、ASP形態で5月利用開始のユーザーを対象に5月分の利用料金を無料にする。さらに、「BCPにおける『nice to meet you』活用ガイド」を無料で提供する。