大塚商会(大塚裕司社長)は、大企業向けに売り上げ拡大のための「顧客戦略コンサルティングサービス」を6月23日から提供開始した。

 サービスの提供にともない大塚商会は、ブレアコンサルティング(BREA、服部隆幸代表取締役)と業務提携し、最上流の戦略コンサルティングから、ITシステム構築、および運用指導、研修教育までを実施する。これにより企業は、効率よく一貫したサービスを受け、売り上げ拡大を図ることができる

 「顧客戦略コンサルティングサービス」は、売り上げ拡大の方法論であるBREA理論に基づいた戦略構築とITの活用により、顧客に対し直接的に働きかける点が特徴。BREA理論は、BREAが独自に開発した顧客戦略の方法論で、唯一売り上げを提供する存在である“顧客”に焦点を当て、企業と顧客との関係を戦略的かつ計画的に深化させることによって売り上げ拡大を実現する。

 標準的なコンサルティング期間は、IT実装まで含めて1年程度で、コスト削減経営に代わる新たなコンサルティングとして、初年度30社10億円の受注を見込んでいる。