アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は6月23日、横浜市教育委員会が推進するフィルタリング普及啓発活動「ケータイ・ネットから子どもを守ろう!」に協力すると発表した。

 普及啓発活動では横浜市教育委員会のホームページに「『ケータイ・ネット』から子どもたちを守るための提言」を掲載しているほか、横浜市教育情報ネットワーク「Y・YNET(Yokohama-Yume-NETwork)」において、情報モラルやマナー、安全なインターネットの利用方法などの情報を公開している。

 6月からはALSIが制作したフィルタリング啓発ドラマ「携帯電話で安心ネットライフ ~子どもの見ているサイトを知っていますか?~」および「ぼくんちのフィルタリング大作戦!~フィルタリングソフトで安心インターネット~」を「Y・YNET」および横浜市教育委員会のホームページで配信する予定。

 また、ALSIでは、毎年夏休み期間限定で、家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」を無償で提供しており、6年目となる今年も同製品の無償提供を実施する予定。これにより、夏休み期間中、保護者の目の届かないところで子どもがインターネットを利用する際にも、安全を守る。