NTTデータ イントラマート(イントラマート、中山義人社長)は6月30日、「intra-mart WebPlatform Version7.1」に対応した簡易Webアプリケーション作成ツール「IM-VisualDesigner」を発売したと発表した。

 「IM-VisualDesigner」は、協業先のウイングアーク テクノロジーズ(内野弘幸社長)の「StraForm」のデザイナー技術を採用し、Web入力フォームを容易に作成した後、「intra-mart」のサーバーに配置できるツール。これにより、アプリケーション1画面あたりの作成コストを大幅に削減することができる。また、「intra-mart」ワークフローと容易に連携できる機能を備えており、内部統制向けのソリューションとして利用できる。

 価格は、アプリケーションサーバー1CPUあたり100万円(デザイナーフリー)。イントラマートでは、「IM-VisualDesigner」を拡張モジュール(エクステンションモジュール)として販売し、初年度の100本の販売を見込んでいる。