日本事務器(田中啓一社長)子会社でITサービス提供のNJCネットコミュニケーションズ(NJCネットコムズ、田中洋二社長)は、仙台電波工業高等専門学校(宮城県仙台市)との連携で、「iPhone」向けアプリケーションの開発を支援する活動を7月から始めた。

 仙台電波工業高等専門学校では、「iPhone」向けアプリケーションの企画から納品までを体験させ、実際の開発業務に関わるスキルを身につけることを研究テーマとして、7月から教育方法の検討を開始していた。

 NJCネットコムズでは、同校に対し研究機材の提供ほか、同社のWeb会議サービス「recipe.meeting」やグループウェアサービス「recipe.offce」などを利用して連携し、研究をハードとソフトの両面から支える計画。実施期間は11年6月まで。