京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は、「PCI SSC」認定スキャニングベンダ(ASV)である米nCircle Network Security(nCircle)のネットワーク脆弱性スキャンサービス「PCIスキャンサービス」を発売した。

 nCircleは、07年2月に「PCI SSC」の認定を受けたASVの1社で、「PCIスキャンサービス」は、同社のネットワーク脆弱性診断ソリューション「nCircle IP360」を利用したネットワーク脆弱性スキャンサービスを展開する。

 KCCSでは、02年11月から「nCircle IP360」の国内販売を開始。今回、クレジットカード業界における「PCI DSS」準拠の取り組みを支援するため「PCIスキャンサービス」の国内展開を始めることにした。同サービスでは、顧客が記入したヒアリングシートをもとに、nCircleが外部ネットワークの脆弱性スキャンを実施。ASVレポート2種(英語版、日本語版)を提供する。

 価格は12万円から。KCCSは、「PCI DSS」サービス全体で今後2年間で2億円の販売を目指すとしている。