サイボウズ(青野慶久社長)は、マイクロソフト(樋口泰行社長)とグループウェアの開発・販売で業務提携した。サイボウズは、「Microsoft Office SharePoint Server」をプラットフォームとしたグループウェアの新タイトルをマイクロソフトの技術支援を受けて開発。10年上半期中の販売を目指す。

 サイボウズのグループウェア製品は、国内の中堅・中小企業向けでは、トップシェア(ノークリサーチ調べ)だが、サイボウズの青野社長は「(サイボウズは)もともと中小企業向けグループウェアでスタートした。大企業向けに徐々にシフトしているが、なかなか攻め切れていない」と、エンタープライズ向けの「サイボウズガルーン」が市場で支持を得られない現状を説明。

 今回の協業相手にマイクロソフトを選んだことについては、マイクロソフトのパートナー企業が充実していることと、グローバルに展開している点を挙げた。マイクロソフトのグローバル・大規模対応のプラットフォームである「Microsoft Office SharePoint Server」を利用し、共同でマーケティング活動を展開することで国内のエンタープライズ向け市場と海外でのシェア拡大を目指す構え。

 一方、マイクロソフトとしては、樋口社長が「パートナーシップを前提とした商品」と表現するようにサイボウズに開発プラットフォーム環境を提供することで、「Microsoft Office SharePoint Server」のシェアを拡大する狙いだ。

 協業の具体的な内容については今後、開発中の製品に関する情報提供「先行情報お届けサービス」を実施するほか、共同でニーズのヒアリングやマイクロソフトの大手町テクノロジーセンターでの顧客への共同提案などを推進していくという。

 販売目標として3年間で、国内の大企業を中心に100社への導入を掲げている。なお、青野社長は今回の協業により「今まで築いてきた販売パートナー網以外のところを開拓できるのがメリット。『SharePoint』上で動くグループウェアを作ったことで、マイクロソフトのパートナー網も活用していきたい」と話している。