アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は10月28日、ファイル単位の暗号化を実現する情報漏えい防止ソリューションの新バージョン「DocumentSecurity WorkFlow v2.1」を発売したと発表した。

 「DocumentSecurity WorkFlow」は、「DocumentSecurity」上で申請・承認などの一連の流れをウェブ上で効率的に行うことができるオプション製品。紙を使った物理的な方法ではなく、ウェブ上で申請・承認の運用を円滑に行うことができるほか、承認プロセスの履歴を残すこともできるため、内部統制対策としても活用することが可能。

 今回の新バージョンでは、特定USBメモリへの書き出し機能を追加。これにより、私物のUSBメモリの持ち出しを制御し、登録されている特定のUSBメモリのみ持ち出すことが可能となるため、より強固な情報漏えい対策を実現する。このほか、決裁者機能、外部デバイスの指定機能、持ち出し対象ファイルの選択強化などの機能追加を行っている。