NEC(矢野薫社長)が10月29日に発表した09年度(10年3月期)連結中間決算は、売上高が1兆6537億円(前年同期比22.3%減)と大幅に減収、営業損益で377億円の赤字(前年同期は134億円の黒字)、経常損益が499億円の赤字(同70億円の黒字)、最終損益436億円の赤字(同18億円の黒字)と赤字に転落した。

 世界不況の影響で、昨年度後半から不振となり通期業績が赤字に転落しただけに、同社は期初の時点から今年度上期を赤字と予想していた。計画していた営業損益400億円の赤字、経常損益620億円の赤字、最終損益500億円と比べると、若干の改善を果たしている。

 主な赤字要因はエレクトロンデバイス事業。営業損益426億円の赤字という結果だった。同事業については子会社のNECエレクトロニクスがルネサステクノロジと10年4月に統合し、来年度から実質的に事業撤退することを発表している。

 通期連結業績予想については、売上高3兆6600億円(前年度比13.2%減)と減収するものの、営業損益600億円の黒字(前年度は62億円の赤字)、経常損益400億円の黒字(932億円の赤字)、最終損益100億円(2966億円の赤字)を見込む。

 ただ、7月30日の時点で予想していた売上高3兆7300億円、営業損益1000億円の黒字、経常損益600億円の黒字、最終損益100億円の黒字と比べれば下方修正している。矢野社長は、「エレクトロンデバイスの業績悪化が大きく影響している」という。加えて、「急激な業績回復は見込めない」とみている。黒字を果たすため、エレクトロンデバイス以外の事業で赤字を吸収するほか、「固定費削減を従来計画より200億円上乗せした2900億円を目指す」としている。

矢野薫社長