NEC(矢野薫社長)は、マイクロソフト製品を活用したソリューション事業を拡大する。NECがもつサーバーやストレージと、マイクロソフトがもつミドルウェアやアプリケーションを組み合わせ、「システムモデル」として標準化したものを共同で開発。両社は協業チームを組織し、開発から提案・販売まで共同でビジネスを推進する。協業チームは両社から集め、約100人で編成した。

 具体的には、マイクロソフトの「Windows Server 2008」やデータベース「SQL Server 2008」などと、NECのIAサーバ「Express5800シリーズ」やストレージ「iStorageシリーズ」、ミドルウェア、アプリケーションを組み合わせ、業種共通のソリューションとして体系化。短期間でWindows Serverベースシステムの構築・導入を図る。

 第一弾として、ビジネス・インテリジェンス(BI)やデータウェアハウス(DWH)など、5種類の業種共通ソリューションを今月から販売する。BIおよびDWHソリューションでは、「SQL Server 2008」とIAサーバ「Express5800シリーズ」、「iStorageシリーズ」を組み合わせ、業務ごとに適用が可能なテンプレートを用意。マイクロソフトとNECが事前に共同検証して、データ分析システムを短期間で構築できるようにした。

 BIおよびDWH以外では、SAPのERP構築、グループウェア刷新、仮想化、中堅企業向け高可用性(FT)システム構築を揃えている。(木村剛士)