インターコム(高橋啓介社長)は11月10日、給与明細書の電子化を行うために必要な機能を提供するパッケージソフトの最新版「Web給金帳 V3」を11月25日に発売すると発表した。

Web給金帳 V3

 「Web給金帳」は、給与明細書や賞与明細書、源泉徴収票などを電子化して、従業員やパート社員、アルバイト向けにそれらの明細書をパソコン、携帯電話、複合機へ自動配信するソフトウェア。今回の最新版では、導入のしやすさと操作のわかりやすさをさらに向上させるため、初期導入時の設定方法や給与明細書配付時の操作方法などを前バージョンから改善し、画面デザインも一新した。パソコンに詳しいユーザーでなくても導入や運用が簡単にできるようなった。

 また、複数人の管理者パソコンでの操作への対応、セキュリティのため不正操作を追跡可能にした操作ログ機能の強化など、実際の利用場面で要望の高い機能の追加を行った。これにより、給与明細書の電子化および作成・配付業務の自動化を推進し、給与関連業務を行う担当部門やシェアードサービス事業会社での作業負担軽減とコスト削減を強力にサポートする。

 価格は、「Web給金帳 V3 for 給与奉行」、「同 for PCA給与」、「同 for 給与大臣」、「同 for 弥生給与」、「同 for EXPLANNER/Ai」が100クライアント36万7500円から。「Web給金帳 V3 メール版」が100クライアント23万1000円から。「Web給金帳 V3 エンタープライズ 標準版」が100クライアント84万円から。「Web給金帳 V3 エンタープライズ メール版」が100クライアント54万6000円から。「Web給金帳 V3 for imagio 給与奉行版」、「同 for imagio PCA給与版」、「同 for imagio 給与大臣版」が100クライアント47万2500円から。同社では、初年度150本の販売を目標にしている。