MONET(前野泰章社長)は11月26日、米Protegrityのアプリケーション向け汎用暗号化ツール「Application Protector」を発売したと発表した。価格はオープン。

 「Application Protector」は、APIを経由しPEP(Policy Enforcement Point/暗号化)サーバーで暗号化を行う。実績のある暗号化ロジックをAPIに集約して提供することで、中間データや蓄積データ、ファイルを暗号化することが可能。これにより、万一、ハッキング被害を受けた場合でも、侵入者は解読することができず、情報漏えいを防止する。

 暗号化/復号化機能をAPIで提供することで、アプリケーション・ベンダーにとっては、開発コストの削減につながる。また、統合管理機能によって、ユーザーのグルーピング、および対象グループごとの鍵の使用権限などを中央から一元管理できるため、各拠点の管理者による個別管理が不要となり、管理コストの削減を図ることができる。暗号化アルゴリズムには、標準としてAESのほかに3DESを採用している。