ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、本富顕弘社長)は11月30日、高千穂交易(戸田秀雄社長)がウォッチガードのセキュリティ管理サービス「WatchGuard SECURE FORCE」の取扱いを開始すると発表した。

 「WatchGuard SECURE FORCE」は、ネットワーク・セキュリティ・アプライアンス「Firebox X e-Series」のセキュリティ機能を活用し、企業のセキュリティを高めるとともに、同アプライアンスのログデータを収集することで、ネットワークのトラフィック、ウイルス、スパムメールなどの情報をわかりやすいグラフィカルなレポートとしてリアルタイムに出力する。これにより、企業ネットワークのセキュリティ運用状況の一元的な管理・監視を可能にする。

 高千穂交易では、すでに24時間リモート・サポート・サービスとして、顧客のネットワークの監視、診断、ヘルプ、性能管理などのサービス業務を行う「TK-NOC」(高千穂交易ネットワーク・オペレーション・センター)、および顧客のネットワークに設置されたファイアウォールや侵入検知システム機器などのログをリアルタイムで適切に分析し、不正アクセスを見極め、対応策の提案や情報提供を行う「TK-SOC」(高千穂交易セキュリティ・オペレーション・センター)のサービスを提供しているが、今後、「WatchGuard SECURE FORCE」をオプションとして追加し、サービスの充実を図る。

 なお、「WatchGuard SECURE FORCE」を活用した新しいセキュリティ管理サービスは、12月1日から販売を開始し、3年間で300ユーザーの獲得を目指す。