独立系ネットワークベンダーのジェイズ・コミュニケーション(愛須康之社長)は11月27日、創立15周年の記念イベントを東京・千代田区の帝国ホテルで開いた。当日は、セミナーとパーティが行われパートナーのメーカーや販社ら250人以上が参加。セミナーの冒頭で愛須社長は「いままでと同じく、販売パートナーにフォーカスし、メーカーに近い立ち位置で間接販売に特化した戦略を立てていく」と、チャネルビジネスを中心に事業を拡大すること改めて説明した。

 イベントの前半では、「創立15周年記念セミナー」と題し、協業するメーカーや同社担当者から「次の15年に向けての成長戦略」が語られた。基調講演では、週刊BCNの谷畑良胤・編集長が、地方SIerではクラウド・SaaSに対する取り組みがすでに始まっていることを示し、「ネットワーク環境の重要性が高まっている」と語った。

 メーカーからは、シスコシステムズの塩月裕朗氏が「Cisco IronPort」で防ぐサイバー犯罪や企業ネットワーク侵害について説明。「Cisco IronPortは、URLフィルタリングでカバーできない領域の攻撃を防ぐ」と、製品特性をアピール。このほか、トラストウェアの森下恭介氏が、業界標準の「PCI DSS」などに準拠した事業継続性を中断させない対策の必要性を説き、ジュニパーネットワークスのマット・コロン・アジアパシフィックバイスプレジデントが、同社のビジョンと技術戦略を語った。

 ジェイズ・コミュニケーションからは、丹羽真規氏が「企業などで使う回線速度は太くなっている。その回線を利用しサービスを活用するうえで、ネットワーク・インフラが重要になり、インフラ構築の需要も高まる」と述べ、同行訪問や設計、RFP(提案依頼書)作成支援など、「独立系だからできる支援策を強化する」(同)と、協力を求めた。

 同社は、愛須社長ら数人で1995年4月14日に設立された。企業規模は、従業員115人、資本金2億3750万円、昨年度(2008年12月期)の売上高は34億円で、過去最高の業績をあげた。セミナーのあとのパーティーで愛須社長は創立時に触れ「父親が不動産を担保にして銀行から都合した資金を私が借りて、資本金に充当して設立した」と、設立秘話を披露。このあと、ジュニパーネットワークスの細井洋一社長らが祝辞を述べ、15周年を祝った。

15周年記念セミナーでは、パートナーのメーカーらが製品戦略などを語った