ネットアップ(タイ・マッコーニー社長)は、自社ストレージ製品とVMware製デスクトップ仮想化関連製品を連携させ、デスクトップ仮想化環境の運用管理を効率化するソフトウェア「Rapid Cloning Utility 3.0」の提供を2月1日から開始する。

 製品は、最新のデスクトップ仮想化ソリューション「VMware View 4」上で動作するOS、アプリケーション、データのコピーをネットアップのストレージと連携して簡単に作成できるソフト。ネットアップのユーザー企業やパートナー企業向けサポート・サービス専用サイト「NOWサイト」から無償でダウンロードできようになっており、VMware製仮想化管理ツール「VMware vCenter」にプラグインするソフトとして提供する。

 また、「VMware View」とネットアップのクローニング技術「FlexClone」を連携して利用できるので、デスクトップ仮想化の際にストレージ容量の消費を最小限に抑えながら、容量の割り当てと仮想マシンの複製が、簡単かつ高速に実行できるようになる。

 新たに、従来バージョンでは利用できなかった重複排除機能を搭載しており、「VMware vCenter」の管理画面から仮想デスクトップ上の冗長なデータを削除できる。さらに、ファイルシステムがNFSの場合は、割り当て容量をオンラインで拡張・縮小する機能が付く。