アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地德男社長)は1月27日、USBメモリ暗号化ソフト「InterSafe SecureDevice」が、アイ・オー・データ機器(細野昭雄社長)のセキュリティUSBメモリ「EasyDisk コピー制御V」シリーズに採用されたと発表した。

 「EasyDisk コピー制御V」シリーズは、USBメモリからのデータ持ち出し、外部のPCからのデータ持ち込みを制御し、オフィス内データの漏えいを防止することが可能なセキュリティUSBメモリ。パスワードロック・自動暗号化・ウイルスチェック機能も搭載し、盗難や紛失、ウイルス感染などを未然に防ぐことができる。

 今回、ALSIのUSBメモリ暗号化ソフト「InterSafe SecureDevice for EasyDisk」が、「EasyDisk コピー制御V」シリーズのコピー制御ソフトウェアとして採用された。これにより、管理コンソールの設定で、コピー制御項目やパスワード文字数など、各企業のポリシーに則って、自由にカスタマイズできるようになり、USBメモリからの情報漏えいを強固に防止することが可能となる。