野村総合研究所(NRI、藤沼彰久会長兼社長)は、りそな銀行(岩田直樹社長)に、資産運用会社(投信投資顧問会社、信託銀行、銀行、生命保険会社など)の投資顧問のバックオフィス業務をサポートする「T-STAR/RX」の提供を開始したと発表した。

 「T-STAR/RX」は、SaaS形式の共同利用型システムとして提供する。これによって、IT投資やIT運用負荷を大幅に軽減することができる。

 ユーザー企業は、制度変更など資産運用ビジネスの環境変化に柔軟に対応できるほか、ビジネス拡大に備えたシステム拡張性、投資信託・投資顧問システムの共通化による各種業務効率化、J-SOX要求水準に応えられるシステム基盤・システム管理水準を実現できる。

 「T-STAR/RX」導入により、りそな銀行は、投資顧問業務(約定取引管理、残高評価管理、市場情報管理、信託照合管理、定型帳票出力)の標準化・効率化を実現。また、NRIの共同利用型センターサーバーを利用することで、システムリソース増強に伴う手間・コストの削減と、高いレベルの耐障害性・耐災害性や緊急時のバックアップ体勢を確保した。