トンネルは抜けた──。リーマン・ショックは、証券業向け売り上げ比率が高い野村総合研究所(NRI)に、直下型地震のような強い衝撃を与えた。だが、藤沼彰久会長兼社長は、「2010年は当社ビジネスの回復期」と位置づける。証券を含めた金融分野で新規のIT投資が見込めることや、医療や産業分野でのビジネス拡大が期待できるからだ。向こう3年間、NRIの過去の力強い成長に匹敵する業績の伸びを構想している。