インフォサイエンス(宮紀雄代表取締役)は、統合ログ管理システム「Logstorage」とアクアシステムズのデータベース監査ツール「AUDIT MASTER」を連携させる「Logstorage AUDIT MASTER連携パック」を3月1日に発売する。

 アクアシステムズの「AUDIT MASTER」は、Oracle標準の監査機能を採用することで、管理者操作も含め、あらゆる経路、種類の操作を取得したログ収集が可能。今回の「Logstorage AUDIT MASTER連携パック」では、「AUDIT MASTER」が収集したデータベースアクセスログを「Logstorage」に取り込み、サーバーやネットワーク機器、セキュリティ製品など他のログと透過的に連携し、内部統制やPCI DSS対応などで求められるログ管理環境を可能にするという。税別価格は10万円。

 なお、同パックの次期バージョンでは、アクアシステムズのOracleデータベース性能分析ツール「Performance Analyzer 4」から出力される性能情報の統合も予定。「AUDIT MASTER」のアクセスログとの連携によって、データベースのリソース管理、キャパシティプランニングへの有効活用が可能となる。