岩手県盛岡市に本社を置くSIer、アイシーエスの邨野善義社長は、クラウドサービス事業の着手について「準備は整っている。あとはタイミングをみて本格化を図っていく」との考えを示した。

 現在、同社ではASPサービスをはじめ、ハウジングやホスティングなど、アウトソーシング事業を手がけている。自社のデータセンターを増強していることから、クラウドサービスを提供できると判断した。本格化については、「ユーザー企業のニーズが高まった段階で提供を開始する」としている。

 また、県内外のSIerとアライアンスを組み、アプリケーションの拡充やクラウドサービスの販売モデル構築を模索。岩手県のユーザー企業によるIT活性化に寄与する方針だ。