NTTデータ(山下徹社長)とマイクロソフト(樋口泰行社長)は、データウェアハウス(DWH)とビジネスインテリジェンス(BI)分野で、協業を強化する。

 協業強化の一環として、NTTデータはマイクロソフトのデータプラットフォーム「Microsoft SQL Server 2008」ベースのDWHアプライアンス「SQL Server Fast Track Data Warehouse(ファスト トラック データ ウェアハウス)」の導入を検討しているユーザーに向け、「SQL Server/Fast Track技術検証ファクトリー」サービスを、2010年4月1日から開始する。

 技術検証ファクトリーは、NTTデータの「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」(DWH/BIラボ)が提供し、DWH/BIラボのサービスの一部として、「Fast Track」のデモや各種検証に利用できる。現在、国内市場で提供されているすべての「Fast Track」をDWH/BIラボに常設。ユーザー企業のニーズに合ったDWHの構築が可能となる。

 技術検証ファクトリーにはマイクロソフのトコンサルタントが駐在し、「Fast Track」のエンジンである「SQL Server」に関する技術支援を行うほか、共同プロモーション展開に向けて体制の強化を図る。

 両社は、今後1年間で20件の支援サービスを提供。今後5年間で、「SQL Server」ベースのDWHアプライアンス「Fast Track」を活用したBIシステムの構築・販売で、100億円の売り上げを目指す。

 「Fast Track」は、DWH用途に特化した事前検証済みのハードウェア構成に加え、DWHの新たな利用形態「シーケンシャル・リード」に最適なDBの構築やメンテナンスなどを包括的に提供するデータウェアハウスソリューション。