ミラポイントジャパン(湯佐嘉人社長)は、メールサーバーアプライアンスの最新版「Mirapoint Message Server 7シリーズ」の出荷を4月14日に開始する。

 第9世代となる「Mirapoint Message Server 7シリーズ」は、プロセッサをインテル マイクロアーキテクチャNehalemベースのクアッドコア、Xeonに刷新し、メモリと内蔵ストレージを1.5-3倍に増強するなど、ハードウェア構成からきょう体まで、全面リニューアルした。

 新シリーズ発表に伴い、新しいライセンス形態を取り入れ、POP/IMAP、Webメール、スケジュール共有カレンダーなど、「Mirapoint MessageServer」に搭載する各種サービスのライセンスをパッケージ化して販売する。個別購入に比べ、約6分の1の低価格を実現した。

 「Mirapoint Message Server 7シリーズ」は、ハイエンドモデル「M7000」(Mirapoint Message Server M7000)、エントリーモデル「M700」、SAN対応モデル「S7000」(Mirapoint Message Server 7000-SAN Edition) の3モデルを用意した。

 ハイエンドモデル「M7000」は、内蔵ストレージを前モデル比で1.5倍となる900GB、メモリを3倍の12GBに増強した。オプションで、バックアップ専用の内蔵ハードディスクを追加でき、高価なテープデバイスを購入せずに、1台でバックアップまで完結する。新たに、遠隔地からシステムのメンテナンスができるリモートアクセスコントローラーを標準搭載し、少ない人員リソースで、部門・支店などを含むメールシステムを運用を容易にした。

 ファイバチャネルSAN (Storage Area Network)に対応する「S7000」は、1台あたりのストレージ容量として8TBを確保。N+1の冗長化構成を用いることで126TBまで拡張できる。大企業やサービスプロバイダを中心に増大し続けるストレージの要件に応える。

 全モデルで、スナップショットテクノロジによって、システム稼働中のオンラインバックアップイメージの取得やユーザレベルでのファイルリカバリが実行できる。さらに、可用性・ビジネス継続性を高めるために、遠隔地でバックアップができる「Remote Site Replication」で、事業継続計画(BCP)に求められる優れたデータ保護体制を確立する。