レッドハット(廣川裕司社長)は、8月23日、「Red Hat Enterprise Linux 3 Extended Life Cycle Support(RHEL3 ELS)」を発売したと発表した。Linux「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」のサブスクリプションのアドオンとして、従来の7年間の「RHEL 3」のサポートを最大10年に延長できる。

 「RHEL」は商用Linuxでトップシェアで、最近ではミッションクリティカルなシステムでも採用が進み、基幹系システムでも「RHEL」を採用する動きが強まっている。「RHEL 3」は2003年10月の発売で、レッドハットは標準サポート期間として10年10月31日までサポートを提供しているが、ユーザーは今回の「RHEL3 ELS」を利用することで、さらに3年間の延長サポートを受けられる。