ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、情報漏えい対策用の統合PC管理ソフトウェア「InfoTarce PLUS」の機能強化版(バージョン3.0.2)を9月27日に発売する。

 「InfoTrace PLUS」は、IT資産管理や情報漏えい対策で問題を抱えている企業や自治体向けのPC資産管理・操作ログ管理・操作制御を行うソフトウェア。一般的なPC管理ソフトは「PC単位」で管理するに対し、同製品は「ユーザー単位」で管理を行う。今回の機能強化版では主に、「USBメモリデバイス制御機能の強化」と「ファイルサーバーへのアクセスログ処理能力の強化」を行った。

 USBメモリデバイス制御機能の強化では、一律に利用を禁止するのではなく、登録した特定のUSBメモリデバイスのみの利用を許可し、さらにユーザー/グループとUSBメモリデバイスを紐づけて、ユーザー/グループごとに利用を制御できるようにした。

 また、ファイルサーバーのログ取得処理能力の強化では、ログ取得のアーキテクチャを変更し、処理能力をこれまでより2倍以上高速化した。さらに、共有フォルダとして多数のユーザーがファイルを操作するWindowsファイルサーバーでも、PCユーザーの操作ログに加え、サーバー管理者の操作したログも取得できるようになった。

 価格は、サーバーパックが100万円、PCインストールライセンス(オールインワン版)が1万7000円、PCインストールライセンス(機能選択版)が5000円、Server操作ログライセンスが40万円。