OSK(宇佐美愼治社長)とリコー(近藤史朗社長)は、OSKのCRMシステム「SMILE BS CRM」とリコーのデジタル複合機(MFP)「imagioシリーズ」との連携で、顧客情報管理に関連する文書登録業務を効率化するソリューション「SMILE BS Folder Connection for imagio(CRM)」を11月18日に発売する。

 「SMILE BS Folder Connection for imagio(CRM)」は、「SMILE BS CRM」とリコーのMFP上で稼動する「imagioカンタン文書登録」を連携させることで、顧客情報管理業務において発生する紙文書(画像、設計図面、契約書など)を「SMILE BS CRM」に容易に電子化・登録できる。ユーザーは、MFPの操作パネルに表示された管理対象(顧客、法人・商品・物件など)、年度、地域などの情報を選択してスキャンするだけで、「SMILE BS CRM」の顧客情報に紐付けされた文書として登録することができる。

 税別価格は5000円。同製品は、リコーが推進する「Operius(オペリウス)」の開発パートナーであるOSKがリコーの技術協力のもとに開発した。OSKのほか、リコーグループの販売店もOperius認定商品として販売する。