OSK(宇佐美愼治社長)とリコー(近藤史朗社長)は、販売管理に関連した文書を登録する業務を効率化できるソリューション「SMILE BS Folder Connection for imagio(販売)」を10月26日に発売した。

 このソリューションは、OSKの基幹業務システム「SMILE BS販売」と、リコーのデジタル複合機(MFP)「imagioシリーズ」上で稼動する「imagioカンタン文書登録」を連携させて提供するもの。これにより、「imagioカンタン文書登録」で使用できるフォルダ体系を一括作成することが可能となる。「imagio」の操作パネルにフォルダ体系が表示されるため、利用者は、登録したいフォルダを直接指定してスキャンするだけで、電子化されたファイルの振り分け作業もなく、文書管理を行うことができる。

 また、登録した文書は「SMILE BS」の画面から閲覧することもでき、“図面や契約書管理”、“保守点検結果や機材の仕様管理”など販売管理において発生する、さまざまな関連文書の電子化、登録業務を効率化する。

 税別価格は3万円。同社では、年間150本の販売を目標にしている。