クオリティ(浦聖治社長)のグループ会社、クオリティライフ(百武達也ゼネラルマネージャ)は、野菜を中心としたオーガニック食材を使ったイタリアンレストラン「earth art cafe AOYAMA」を、12月12日に東京・南青山にオープンする。日本の農業や漁業への支援を目的に、10月2日に設立した同社の取り組みの第1弾だ。

南青山3丁目に店を構える

 オープンに先駆けて、12月9日に「earth art cafe AOYAMA」を報道陣に公開。クオリティの浦聖治社長は、「ITをベースにしたソリューションによって、日本の農業を支援し、人々が安全で豊かに生活できることを実現していきたい」と、社会貢献活動の狙いを語った。今後は活動の範囲を広げ、「earth art cafe」を中国・上海などに展開する計画だ。

クオリティの浦聖治社長

 「earth art cafe AOYAMA」は、フランス料理出身の平田優氏が総料理長を務める。平田総料理長は、「これまでは野菜は脇役だったが、これからは野菜をメインとするメニューで、野菜本来の旨味を出したい」と話した。気になる予算は、昼が約1200-1500円で、夜が約3500-5000円。(ゼンフ ミシャ)

野菜を中心としたオーガニック食材を使った料理

スタッフが心をこめて丁寧に作る

日本各地の農家から直送される野菜を販売

●earth art cafe AOYAMA 東京都港区南青山3-8-27 芝崎ビル1階