エプソンは、法人向けプロジェクター「Offirio(オフィリオ)」から、WUXGAに対応する常設モデル「EB-G5750WU」を2011年1月に発売する。価格はオープンで、実勢価格は75万円前後の見込み。

EB-G5750WU

 フルハイビジョン以上の解像度WUXGA(1920×1200ドット)に対応。高精細でシャープな画像を映し出す。独自の「C2FINE」技術を採用する液晶パネルによって、明るさ4500ルーメンとコントラスト比1500:1を実現。明るさだけでは得られない艶のある高画質投写ができる。

 レントゲン写真など、医療イメージを確認するための「DICOM SIM モード」を搭載。X線やCTのようなグレースケール画像でも、陰影を忠実に再現する。カラーマネジメントで、人肌や赤、黄色を忠実に表現する。

 天井への常設など、設置の利便性を考慮。本体の位置を変えずに投写位置を調整する上下左右の電動レンズシフト機能や、1.8倍ズームの短焦点の標準レンズ、4種類のオプションレンズによって、さまざまな環境に設置できる。