MetaMoJi(浮川和宣社長)は、2月3日、手書き入力などに対応するiPad用デジタルノートアプリケーション「7notes(セブンノーツ)」を発売した。

浮川和宣社長

 発売に先立ち、MetaMoJiの100%子会社として、サービスを行う7knowledge(セブンナレッジ)を設立。年内をめどに、海外市場向けの製品展開や、Android端末向けへの対応に取り組んでいく。

 当初はApp Storeで個人ユーザー向けに販売するが、浮川社長は本紙に対して、「iPadの法人利用の急増を受け、法人向けライセンスの提供を検討している」と明らかにした。

「7notes」のデモンストレーション

 「7notes」は、手書き文字をそのまま入力する「書き流し入力」に加え、漢字をひらがなで書いて漢字変換する「交ぜ書き変換入力」に対応。「交ぜ書き変換入力」では、例えば「会議」と入力する場合、「会議」「かいぎ」「会ぎ」など、どのように書いても「会議」と変換して入力することができる。また、キーボード入力にも対応している。

「7notes」のロゴ

 このほか、手書き文字に装飾をつける文書編集機能や、タグの絞込み設定を記憶する文書管理機能などを備える。価格は1500円で、2月末日までは発売記念キャンペーンとして900円で提供している。

 「7notes」と併せ、連動するクラウド型ストレージサービス「デジタルキャビネット」の提供も開始。利用料は2GBまで無償で、5月には10GBまでの有料サービスも提供する。価格は月500円または年間4900円。(ゼンフ ミシャ)