ワープロソフト「一太郎」で知られるジャストシステム創業者・浮川和宣氏が立ち上げた新会社の概要が明らかになってきた。ジャストシステムの経営から離れて約3か月。研究開発型のMetaMoJi(メタモジ)の社長という形で、夫人の初子氏(専務)とともに再起を図る。MetaMoJiで開発した技術をベースに事業会社を立ち上げ、同社が一部出資する。5年後には1~2社のIPO(新規株式公開)を目指す。