CA Technologies(バスター・ブラウン社長)は、東日本大震災の復興支援として、米国赤十字社を通じて日本赤十字社に5万米ドルの義援金を寄付する。

 また、同社ストレージ・ソリューション事業部は、震災で被災した「ARCserve」のユーザー企業向けの専用緊急情報窓口を設置した。メディアやライセンスキーの破損や紛失に対して迅速に対応する。(ゼンフ ミシャ)