住商情報システム(中井戸信英会長兼社長)は、被災者の救済や被災地の復興に向けて、2000万円の義援金を拠出した。

 また、同社役職員からも寄付を募り、義援金とは別に寄付を実施する。同社では、引き続き、できる限りの支援を実施していくという。