インターコム(高橋啓介社長)は、IBM Power Systems(System i、iSeries、AS/400)の専用端末と同等機能を「iPad」で動作させることができるアプリケーションの日本語版「FALCON 5250 for iPad」を開発し、3月30日、「App Store」での販売を開始した。価格は4800円。

 「FALCON 5250 for iPad」は、端末エミュレーター(TN5250)の開発技術をもとに、iPad専用のアプリケーションとして開発した5250モバイルホストアクセスソリューション。iPad特有の操作である2本の指を使用した画面表示の縮小や拡大、画面を指で軽く叩くだけでのカーソル移動などに対応する。コマンド入力などクライアント端末の基本機能に加え、5250端末に特化した独自のキー配列をもつ「ホストキーパッド」を搭載した。

 iPadを5250相当のモバイルホストアクセスクライアントとして機能させることで、基幹システムへの遠隔入力作業など、企業の各種ホスト業務を支援する。同社は、IBMメインフレームや富士通メインフレーム、日立メインフレームなど、各社のメインフレーム用のiPad向けホストアクセスソリューションの開発を進め、順次商品化していく予定。