インターコム(高橋啓介社長)は、FAXサーバーソフトの新版「まいと~く FAX Server 7」を10月6日に発売する。

 「まいと~く FAX Server」は、紙によるFAX送受信をペーパーレス化するFAXサーバーソフト。「まいと~く FAX Server 7」では、受注FAXの重複処理防止機能やFAX誤送信防止機能を追加した。FAXの送受信履歴を一元管理するので、送信忘れや受信処理忘れなどの人的ミスが削減できる。

 FAX誤送信防止機能(オプション)を導入することで、重要書類のFAX送信前に複数名で行っていた確認作業をペーパーレスのままで簡単にシステム化することができる。このほか、各種業務システムとの連携機能を備え、業務システムにFAX送受信機能を組み込んで運用することもできる。

 価格は、モデム付き2回線版1年保守付きパックが33万6000円(税込)。誤送信防止オプションは31万5000円(税込)。初年度で2億5千万円の売り上げを目指す。

「まいと~く FAX Server 7」