インターコム(高橋啓介社長)は、IT資産管理・セキュリティ対策機能などの自社開発ソフトウェア「MaLion 3」の販売で、日本ラッド(東郷重興社長)と販売代理店契約を締結した。

 「MaLion 3」は、PCやソフトウェアなどのIT資産管理とセキュリティ対策、内部統制の構築支援機能などをもつソフト。IT資産管理台帳の作成や、ウェブサイトやウェブメールのアクセス監視、従業員のPC操作ログの取得、不正PCの検出とネットワークへの接続を拒否することなどが可能になる。

 協業は、インターコムから日本ラッドに提案。「日本ラッドは、『MaLion』の主要顧客層である中堅規模クラスのユーザー企業向け事業に強く、その層への拡販を期待できる」と、インターコム広報担当者は話している。(木村剛士)