インターコム(高橋啓介社長)は、クラウド型総合インターネットセキュリティ対策サービス「MaLion Internet Security クラウド」の販売を4月6日に開始した。

 ISP、SaaSプロバイダ、ECサイト、ホスティングサービス提供事業者向けに提供するクラウド型セキュリティサービスで、サービス事業者からエンドユーザー向けに再販売され、70万人のユーザーをもつ「SHILIDIAN NETservice」を完全リニューアルした後継製品。インターコムは、「SHILIDIAN NETservice」を提供しているISPに対し、順次「MaLion Internet Security クラウド」の導入を進めていく。

 「MaLion Internet Security クラウド」は、クラウド上のウイルス解析センターのデータベースをリアルタイムで参照するアンラボの「クラウド方式エンジン」と、未知のウイルスの検出精度を高めた「DNAスキャン」を採用。エンドユーザーPCで疑わしい未知のファイルが発見されると、解析センターにファイル情報を転送。既存ユーザーから収集した膨大なファイル情報データベースと、転送ファイル情報を照合したうえで、ウイルスと判断した場合に駆除する。パターンファイル更新の間に発生した新種・亜種のウイルスに、リアルタイムで対応する。

 「DNAスキャン」では、ウイルス特有の行動パターンを検知してスキャンする「ヒューリスティックスキャンエンジン」に、ウイルス解析センターで収集した情報をリアルタイムに反映。検出力と検出精度が向上した。

 また、ウェブサイトからのウイルス感染や詐欺行為を未然に防ぐツール「SiteClean」を新搭載。「SiteClean」では、訪問したWebサイトの安全性を解析センターで判断し、リスクの高いウェブサイトへのアクセスを遮断する。

 利用料金は、エンドユーザー数に応じた月額課金。契約企業は独自のサービス名を表示し、オリジナルのサービスとして提供できる。 

「MaLion Internet Security クラウド」サービス画面

 インターコムの運営するサーバーからサービスを提供するので、オリジナルサービスページを用意すれば、すぐにエンドユーザーにサービスを提供できる。エンドユーザーの登録情報をインターコム側に渡す必要がなく、セキュリティ規定の厳しい企業でも導入できるなどのメリットがある。(鍋島蓉子)