エヌ・シー・エル・コミュニケーション(NCLC、関根尚社長)は、オレンジソフト(日比野洋克社長)と販売代理店契約を締結し、同社の誤送信対策メールアプライアンス「BRODIAEA safeAttach」シリーズを発売した。

 オレンジソフトの「BRODIAEA safeAttach」シリーズは、企業間でメールをやり取りする際の添付ファイルはすべて自動的にZIP暗号化し、メールの誤操作による機密情報の漏えいを防止する。添付ファイルを送信する度に手動で実施していたZIP化の必要が無くなり、作業コストの削減を実現する。特殊な暗号化方式を採用していないため、復号のための特別なプラグインは必要なく、添付ファイルを受け取った取引先に負担をかけることはない。さらに、送信時にゲートウェイ側で自動的に暗号化するので、自社ユーザーへの教育もほとんど必要ない。

 NCLCは、「BRODIAEA safeAttach」シリーズを自社製品ラインアップに加えることで、HDD暗号化によるこれまでの情報漏えい対策を中心としたセキュリティソリューションから、包括的で強固なエンドポイントセキュリティソリューションの提供を実現する。