「猪突猛進」

織田博靖社長

 ストレージとセキュリティを組み合わせた領域のビジネス基盤が固まった。2007年は、マーケットシェアを確保するため、とにかく猪突猛進するのみだ。

 ストレージ分野とセキュリティ分野は需要が増えているため、これまでは別々に事業を手がけていてもビジネスとして成り立っていた。しかし、最近は内部統制に関するニーズが高まっていることから、ストレージとセキュリティは切り離せないものになっている。こうした状況から、新しくこの分野に参入するベンダーも増え、今年は競争が激化することになるだろう。しかし、すでに当社ではビジネスの確立に向けた準備を整えている。例をあげれば、情報改ざんの防止が可能なストレージ機器「Assureon」の発売などだ。しかも、単なる機器販売だけでなく、SIerとの協業でストレージとセキュリティを統合した情報管理ソリューション提供を徹底している。内部統制を切り口とした情報管理市場は7000億円規模で、シェア1%を獲得するだけでも売上規模を大幅に拡大できる。

 また、新市場への参入として監視カメラ事業に着手した。提供するシステムは、不審な人物やモノがカメラに映った際に自動的に警報を鳴らしてシステム管理者に知らせるというものだ。このシステムをベースにして、ストレージ機器の販売にもつなげられる。

 最近は、ストレージ機器のディストリビューションだけなく、新しい製品・サービスの提案が重要になっている。そういった点でも新領域での事業を拡大させる。