日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、ERP「JD Edwards EnterpriseOne」のクラウドサービスを展開することを発表した。

 「JD Edwards EnterpriseOne」に対応したクラウドサービス「Oracle On Demand」を、年商100億円以上の企業向けのサービス「JD Edwards EnterpriseOne On Demand @Oracle」として提供を開始。同社が米国に保有するデータセンター(DC)上で、オラクルの専門技術者が運用管理作業を実施し、グローバルで24時間365日のサポートを提供する。パートナー企業は「JD Edwards EnterpriseOne」の導入支援を行い、さらに導入後の運用管理支援として「JD Edwards EnterpriseOne On Demand @Oracle」を提案していく。

 このほか、パートナー企業が自社DC上で「JD Edwards EnterpriseOne」のシステムを構築し、ユーザー企業ごとにプライベート・クラウド形式で提供する支援プログラムを提供。パートナー向け支援プログラム「JD Edwards EnterpriseOne BPO プログラム」によって、年商100億円未満の企業は「JD Edwards EnterpriseOne」の会計・販売管理・生産管理・在庫管理など、ERPの機能をクラウド形式で利用できる。ジェクシードコンサルティングによるプロフェッショナルサービス、卸業向けの会計を中心としたERPのクラウドサービスなどを順次提供する予定だ。

 クラウドサービスの提供で協業に合意しているパートナーは、アクセンチュア、イデア・コンサルティング、エクサ、NS・コンピュータサービス、ジェクシードコンサルティング、新日鉄ソリューションズ、TIS、東芝ソリューション、中本・アンド・アソシエイツ、日本アイ・ビー・エム、パシフィックシステム、富士通中部システムズ、富士通マーケティング、ワイ・ディ・シー。これらのパートナーは、「JD Edwards EnterpriseOne」をベースにした業種・業界別の導入のテンプレートやクラウドサービスを提供していく。(信澤健太)