米Digi Internationalは、9月14日、AddEnergie Technologie(AddEnergie社)が同社のリモート電気自動車(EV)充電ステーションへの接続に、「ConnectPort X4ワイヤレスゲートウェイ」と「XBee ZigBeeモジュール」を採用したと発表した。

 「ConnectPort X4ゲートウェイ」は、課金、支払処理、エネルギー管理、アラートやレポートなどのカスタマサービスを行うAddEnergie社のネットワークオペレーションセンターに、リモートEV充電ステーションをセルラーネットワークで接続する。複数の充電ステーションの配備では、各ステーションは「XBee ZigBeeワイヤレスモジュール」を使用してゲートウェイにつなぐ。ゲートウェイは充電ステーションのグループをセルラーネットワークでネットワークオペレーションセンターに接続する。

 AddEnergie社では、来年末までに米国とカナダに数百の充電ステーションを配備する予定。