ニュース

ロックインターナショナル、標的型メールの対策ソリューション

2011/10/06 10:37

 ロックインターナショナル(岩清水廣行代表取締役)は10月5日、標的型メール対策ソリューションの新版「Lumensionアプリケーションコントロール」を発表した。

 ホワイトリスト方式でアプリケーションの実行を制御することで、ネットワーク内のPCを外部の脅威から保護する不正ソフト対策ソリューション。「完全なホワイトリスト方式」なので、例外なく未知のファイルの実行を防ぐ。また、「ハッシュ照合システム」で各実行ファイルのソースコードの照合を瞬時に実施し、偽装やソースコードを改変されたファイルの実行を防止する。サイバー攻撃によるウイルス感染や情報漏えい、その他の二次被害のリスクを遮断できる。

 標的型メールは、ユーザーの過失を誘発させるために東日本大震災関連の情報を模したもの。WordやExcelの文書、圧縮ファイルなどに偽装した悪質プログラムを送りつけるサイバー攻撃を仕掛けてくる。偽装プログラムは、未対策の脆弱性を突くゼロデイ攻撃が主流で、OSなどのパッチやアンチウイルスソフトのパターンファイルのアップデートでは防ぐことができず、出所不明ファイルを開かないという各ユーザーのセキュリティ意識に頼らざるを得ないリスクがあった。
  • 1

関連記事

ロックインターナショナル、モバイルデバイスのセキュリティをテーマにセミナーを開催

ジェーエムエーシステムズ、スマートフォン用の高セキュリティブラウザ

PC以外の機器も保護して安心な世の中に、マカフィーのエンベデッド・セキュリティ戦略

富士通SSL、ウェブアプリケーション攻撃防御製品「Barracuda WAF」を発売

富士通SSL メール誤送信防止製品が好調 マイクロソフトの最新環境に対応

外部リンク

ロックインターナショナル=http://www.h2soft.co.jp/

「標的型メール対策ソリューション」=http://www.endpointsecurity.jp/solution/email0day.html

「Lumensionアプリケーションコントロール」=http://www.endpointsecurity.jp/solution/ac/index.html

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>