ロックインターナショナル(岩清水廣行代表取締役)は10月5日、標的型メール対策ソリューションの新版「Lumensionアプリケーションコントロール」を発表した。

 ホワイトリスト方式でアプリケーションの実行を制御することで、ネットワーク内のPCを外部の脅威から保護する不正ソフト対策ソリューション。「完全なホワイトリスト方式」なので、例外なく未知のファイルの実行を防ぐ。また、「ハッシュ照合システム」で各実行ファイルのソースコードの照合を瞬時に実施し、偽装やソースコードを改変されたファイルの実行を防止する。サイバー攻撃によるウイルス感染や情報漏えい、その他の二次被害のリスクを遮断できる。

 標的型メールは、ユーザーの過失を誘発させるために東日本大震災関連の情報を模したもの。WordやExcelの文書、圧縮ファイルなどに偽装した悪質プログラムを送りつけるサイバー攻撃を仕掛けてくる。偽装プログラムは、未対策の脆弱性を突くゼロデイ攻撃が主流で、OSなどのパッチやアンチウイルスソフトのパターンファイルのアップデートでは防ぐことができず、出所不明ファイルを開かないという各ユーザーのセキュリティ意識に頼らざるを得ないリスクがあった。