翁永飆
社長
 ソフトウェア開発のキングソフト(翁永飆、沈海寅社長)は、法人向けビジネスの強化に取り組んでいる。年内をめどに、「B2B」のオンラインストレージ事業に参入する。それを踏まえて、2012年は売上高の30%アップを目指す。

 第一弾として、法人向けのオンライン上ストレージサービス「KDrive for Business」を開始する。同社のオフィスソフト「KINGSOFT Office 2012」と連動させ、大手企業を主要ターゲットに据えて販売していく。両製品のセットを大手販社を通じて提供するほか、「ユーザー企業を攻めるルートを拡大するために、大手通信キャリア3社に向けたOEM展開を目指している」(翁社長)という。

 翁社長は、「すでに、キャリア1社が当社のオンラインストレージを自社の法人向けサービスとして提供することを具体的に検討している」と手応えを語る。(ゼンフ ミシャ)