一般社団法人の神奈川県情報サービス産業協会(KIA、池田典義会長)は、神奈川県川崎市とその周辺地域にある企業を対象としたビジネスイベント「ビジネスフォーラムinかわさき」を、2012年2月16日に開催する。神奈川県と公益財団法人の川崎市産業振興財団が後援する。

 KIAは、神奈川県内のIT関連企業が集まった団体で、情報サービス産業の発展と地域社会への貢献を目的として1987年に設立された。会員企業は現在約300社。新技術や新事業を調査研究するほか、地方自治体との連携、会員企業同士の交流の場を提供している。

 今回のイベントは、商談会と講演会、懇親会の三部で構成されている。商談会では、会員企業の製品・サービスを紹介。講演会では、障害者の雇用と、人材の適正配置による企業経営をテーマに、障がい者就労支援事業を手がけるダンウェイの高橋陽子社長が講演する。その後に、参加企業・団体との懇親会を設けている。

 時間は16時から20時で、場所は川崎日航ホテル。参加は商談会と講演会が無料、懇親会は、KIAの会員企業が5000円、非会員企業が6000円。KIAのウェブサイトで申し込みを受け付けている。申し込み締め切り日は2月9日(木)。

日時:2012年2月16日(木) 16:00~20:00
場所:川崎日航ホテル 神奈川県川崎市川崎区日進町1
参加:商談会、講演会は無料、懇親会は有料(事前登録制)
講演内容:「障害者の雇用について」
講演者=ダンウェイ 高橋陽子社長