富士通マーケティング(FJM、古川章社長)は、サントリーフーズ、サントリーロジスティクス、サントリー食品インターナショナルの3社が3月2日から展開する「サントリー天然水」の家庭用宅配事業の基幹システムを、「NetSuite」で構築した。

 FJMは、消費者向けウェブサイトと統合した販売物流の基幹システムを「NetSuite」で構築し、ウェブサイトとコールセンターからの契約、配送・債権債務の一元化を実現した。

 サントリーが「NetSuite」の採用を決めたポイントは、ユーザーカスタマイズの範囲で構築できることや、ユーザーによるインフラ導入、設定、メンテナンスが不要なこと、また「NetSuite」のデータセンターが国際的なセキュリティ監査基準である「監査基準書第70号(SAS70)Type II 認定」を取得していることなどだった。

 サントリーは、1993年、「サントリー天然水」の宅配事業に参入し、オフィスや医療施設などを中心に事業を展開している。2008年、卓上に置くことができるコンパクトタイプの「サントリー天然水専用冷水サーバー」を発売。今年3月2日には、5段階の温度設定などの新機能を搭載した新ウォーターサーバーを、東京都(伊豆諸島・小笠原諸島を除く)、千葉県、埼玉県、神奈川県を対象にレンタル提供を開始する。

 こうした宅配事業の強化に向けて、受注から提供までの時間短縮や受注・販売・在庫など各種情報の一元化を目指し、新たな基幹システム構築を検討していた。(信澤健太)

家庭用宅配システムの運用イメージ