富士通(山本正已社長)は、4月4日、九州大学(有川節夫総長)の情報基盤研究開発センター(青柳睦センター長)から、新スーパーコンピュータシステムを受注したと発表した。2012年7月から順次稼働する。情報基盤研究開発センターは科学技術分野の研究・教育活動で利用する。

 富士通のスーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX10」とサーバー「PRIMERGY CX400」によるPCクラスタシステムを組み合わせたもので、総理論演算性能は691.7テラフロップス。九州地区では最大規模のシステムになる。

 情報基盤研究開発センターは、全国の大学教員や大学院生、研究者が学術研究のために利用する全国共同の利用施設。2007年から、富士通の基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」と「PRIMERGY」を利用したスーパーコンピュータシステムを利用していた。今回、高い計算能力と省電力性能に加え、スーパーコンピュータ「京」の利用を想定したアプリケーションの開発と最適化が可能であることを評価して採用を決定した。(木村剛士)