Skyのクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.7」がエレコム/ハギワラソリューションズのUSB装置と連携し、スタンドアロン環境の特定用途クライアントPCを「SKYSEA Client View」がインストールされたクライアントPCと一元管理する機能の提供を開始した。

 エレコム/ハギワラソリューションズのUSB装置と連携することで、「SKYSEA Client View」がネットワーク経由で収集している資産情報に加え、セキュリティ対策用USB装置で収集したスタンドアロンで利用しているクライアントPCの資産情報を収集することできる。これによって組織内の資産情報を一元化し、クライアントPCの資産管理などを効率化する。

 機能の使用にあたっては、Skyの「SKYSEA Client View HS連携ライセンス」(USB装置1本ごとに1ライセンス)、「SKYSEA Client View HS連携オプション」(サーバーに対して1オプション)、ハギワラソリューションズの「USBデバイスSKYSEA連携ライセンス」(USB装置1本ごとに1ライセンス)が必要となる。